読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

考え事が多すぎて苦しかった報告。

変なタイトルですね我ながら。

 

にっちもさっちもいかなくて、呼吸がしづらい状況に陥っていたのですが、先程の記事を書いているうちに、だんだんと楽になってきました。

今日はこれで3記事目となり、書きすぎだろ!と思いますが今の私には必要な行為なのかも知れません。文章を考える行為自体が、とても合っているのかも知れません。

にっちもさっちもいかない、と書きましたが、自分でもなにがにっちもさっちもなのか分からなくて、ただひたすらモヤモヤした感情に苛まれていました。でも、1人になれる時間があれば何か見えてくるはず。

 

結構な時間を要しましたが、文章に書き起こして主に三つのことをグルグルと考えていたことがわかりました。(個人的すぎるのでここでは書きません。)ゆっくり考えれば、自分が何を考えているのかちゃんと自分が教えてくれます。自分の考えていることがわからない、という人は、考える手間を省きたいだけなのだと思います。もしくは、自分の感情に向き合うことが出来ない何かがある、とか。これ以上は話がズレるのでやめます。

冷静になると、考え事のどれもが負の感情で、「どうしたらその苦しい状況から脱出できるか分からない」というものでした。つまり一気に考えても解決に至れないことを抱え込みすぎて、息苦しくなっていたというわけです。考えすぎは呼吸を浅くさせること、覚えよう。

 

こういうときは、もう何も求めてはいけないのだと思いました。構ってほしいとか、聞いてほしいとか、人に求めることが割と分かっている時は、そういう風に発信するといいのかも知れません。ただ、今の私に必要だったのは考えを整理することであって、人に弱音を聞いてもらうことではなかった、というのをいま身をもって感じている所です。人にどうしてほしいかわからない時は、とりあえず自分を立ち返って見ることです。人がしてくれることは、限りがあることなのですから。

 

広告を非表示にする