読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

自分のやりたいことを自覚する

前記事の書き足しのようになります。

情報制限すると、その分だけ時間が余ります。前はネットサーフィンに膨大な時間をかけていたりしたので、その時間がごっそり無くなるわけです。その余った時間を今何に当てているかというと、「自分のやりたいこと」です。

「やりたいことは分からないけどやりたくないことは分かる」というのは、自分軸が無い人あるある思考だと思います。それは、「やりたいこと」を人任せにしてきた結果だと思います。受け身体勢で生きていくと、自分がやる事は人が決めてくれる、という考え方が癖になってしまうような気がします(もちろん個人差はあります)。「やりたい」という気持ちが起こる前に、やる事を人から決められるので(そしてそれを当然だと思っている節がある)、「自分のやりたいこと」を考える機会が今まで極端に少なかったのではないでしょうか。

話がズレました。

時間が余ることによって、「自分がしたいことは何か」というのを考える時間が増えたように思います。それと同時に、好きなことに集中する時間が増えました。今は、自分の趣味に関する情報だけをかき集め実際に趣味に集中しています。これは、前に得意分野で自己肯定感を高めることについての記事を書いた時の自分に当てはまります。

やりたいことをするというのは、今やれることが分かっているという状態です。私は何がしたいんだろう?と迷ったときは、外から入ってくる雑多な情報を断ち切ると良いかもしれません。

好きな事だけしたらいいよ、と言っているのではありません。自分軸を作る重要な要素である「自分がやりたいこと」を自覚できるようになろうという話です。

広告を非表示にする