ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

突然お題をやってみるー

お題「今年中にやっておきたいこと」

 

今斜め前に芸人の小峠と瓜二つなサラリーマンが居ます!ちょっと若いけど!(どうでもいい)

 

ちょっと力抜いてブログ書いてみたくなったから「お題」やってみます。スロット回してみた。はてなブログにまだ慣れてない。

 

今年中にやっておきたいこと。もう今年も1ヶ月半かぁ……………(軽い絶望の時間)

 

部屋の掃除ですね。

日記捨ててから満足してしまって、あれからろくに整理が進んでない。フリマアプリでも売れなくなってきて、いらないけど売れるかな?ってものばかり溜まってく。結局捨てれなくてゴチャゴチャ。これ、今月中に売りに行こうかなと思ってるところ←とにかくお金にしたい

整理をしたらば、部屋の引越しです。家じゃないですよ、部屋。

私の姉が来春出産予定でして、その際また実家へ戻ってくるようで、、これに関してはもう吐き出したいことが山のようにあるのですが、とにかく姉と姪が常に家に居るというのは私にとってほんっと、ほんっとうにシンドいのです。もちろん楽しいこともありますが、それは今置いといて。

今年の夏、姉がつわり期で実家に帰ってきた時、私は婦人科の先生に自宅安静を言い渡されておりどこへも出かけられない日々が続いておりました。その時に姉たちの存在から受けたストレスが尋常じゃなくて、そこではじめて自分の身を置く環境というものに焦点をあてました

HSP体質というだけで人より何倍も人の影響を受けやすいので、家という自分が安らげる場所を人に脅かされるというのはこれ死活問題だったんですね

我が家はマンションなので「2階に逃げ込む」なんてできません。私の部屋なんかリビングとダイニングに面していて、あるのは薄いスライドドア。他人との距離を確実に一定に保つためには、あまりにも心許ない部屋なのです。(そしてこういう、親との境界線が薄い環境で思春期を過ごしてしまったこと、悔やんでも悔やみきれません。)

そこで、あ!と思い出したのは我が家でひとつだけ独立している部屋。元姉の部屋、現物置部屋。あそこに引っ越そうと。あの部屋は、玄関→廊下→部屋と、家族の誰にも会わずにたどり着ける唯一の部屋です。私も頭が固いから、今まで部屋を移動するなんて考えたこともなかった。だけどここに移ってちゃんと完全に一人の時間を取れるようにしたほうが良い、そう思った。お前何歳だよ、って突っ込まれそうだけど。

 

この決心を母に言ったとき「え〜?」とか「は?なんで」とか言われました。こういう、私は〜だと思ってる!だからこうする!などというはっきりとした主張をする際、いつもこういう態度を取られます。母にとって私は、いつまでもひとりじゃ何も出来ないモヤモヤ~っとボ〜っとしてる子どもなのでしょう。現に今までそう思われても仕方ない言動をとってきたのでしょうがない。

 

まぁともかくですね。長たらしく書いたけど。

部屋の整理をして。

今年中に部屋を移動させて。

来年にむけて自分にプラスになるような環境づくりに努めていきたいと。思います。

 

結局 力入っちゃったな。