ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

気づいた、衝動的に


サカナクション / アイデンティティ - YouTube

 

アーイデンティティーがぁーナアアアイ

生まれなーあい ららららぁーー!!!!!

 

って今日お風呂入ってた時ピンと来たんだけど、それは急にピンと来たんだけど、

自分の芯がないないないない言ってるけど

私が言わんとする「自分の芯」って「自分らしさ」という言葉にそっくりそのまま置き換えられちゃうと思う。

「自分らしさ」がない。というか分からない。

 

なんで気づいたかっていうと

今日minneに出品しようと製作に取り組んでいた時に、まあいろんな所を参考しながら考えてたんだけど、やたらアドバイスとして「自分らしい作品を」と書かれまくっていて

はて自分らしい作品とは。?

となって、今書いてる&描いてるコレが自分らしいかって聞かれたら

はて?

と言っちゃうかも知れないと思って。

いや、作品については自分にしか書けないものであるから、独自のものだという自信はあるけど

もしこの作品みた人が「あなたらしいわね」って言ってくれたとしても自分は「…そ、そうなんですかねぇ」と言いかねない。

自分らしさってやつが分からないからさ!!!!

その独自のものを生み出せる私、それこそが私らしさ ?

 

 

たまに、私が持ってるものとか好きなものを見たり聞いたりして「あなたっぽいね」って言ってくる人いるけど、そういうのと自分が思う自分らしさって違うと思うんだよね。

人が思う私らしさと

自分が思う私らしさ

私が求めてるのは後者の「私らしさ」

 

あと最近、ファッションについてもすごく関心あって。きっかけは「私服の制服化」ってキーワードをネット上で見かけたことだった。もともとファッション大好きなんだけど(とか言ってブランドに詳しいとかじゃなくて見るのが好き、古着やさんとか回るの楽しい)、その自分の纏うファッションこそが「自分らしさ」を作る、確立する手段なのではないか?と思いだしてきたんだよね

身をまとうモノって限りなく自分に近いと思う。それと同時に他人から自分がどう見られるかっていうのもある程度コントロールできちゃうモノ。すげえよファッション。今更。

今日、本屋さんでファッションのエッセイ集みたいなコーナー覗いてきたんだけど

実は数年前からちょいちょい クローゼットを整理しましょう、服を捨てましょう、そしたら自分らしさが分かるわよ 的な書籍がバンバン出てたんだよね。話題になった『フランス人は〜』の本を筆頭に、ミニマムな生活が注目されてきたのと伴って "服を減らせば自分が分かる説"をあちらこちらで見るようになってきたんだと思う。それでさっき書いた「私服の制服化」ってキーワードと巡り会うことになったんだと思う。このキーワードがやたら気になって調べまくったのは、潜在的に「自分らしさってやつが分かるかもしれない」っていう望み?期待?があったからじゃないかな。

ファッションがコロコロ変わる人より、毎日統一性があるファッションしてる人になりたい欲。

 

「自分らしさってやつが分からん」

って思いとガッツリ直面したのは今日がはじめてだけど、私はずっと求めていた。

思春期に培われなかった自己同一性。これまでに経験したことから分かる大体の自分の言動パターン、それこそが自分らしさなのだとしたら私はとことん薄っぺらい。自分にはもっと何かがあるって思ってる。何か。何か。

 

芯あると思うよ、しっかりしてるよ!

と、たくさんの人からそう言われて嬉しくて、その度に でも違うんだよな!違うンだよな!と思っていた理由がやっとハッキリした。自分らしさが分かってない自分にモヤモヤしてるからだ。

っていう話でした。

「自分」「私」「らしさ」がゲシュタルト崩壊しましたね。おやすみなさい。