読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

自分らしさを知ることについて

前回の記事書いてから、サカナクションアイデンティティが頭から離れなくて気付いたら口ずさんでました…中毒性がある…

山口さんは"十代の取りこぼした思い出とかを掘り起こして"自分らしさに気づいたと歌ってた。対して私は、十代のころが1番空っぽだった気がする。そんなはずは無い、と自分でも思うんだけど、、いつでも人の目を意識してきたせいで 山口さんの言う「垢抜けてない僕の思い出だぁ」に当たる部分が私には欠落していると思う。すごく頑張れば、何かヒントになりそうな思い出があるかもしれないけれど。

 

自分らしさについてずっと考えてた。みんな、どうやって自分らしさを見つけてるんだろって。そしたら、就活?って思い浮かんだ。就活って嫌というほど自己分析するし、自己アピールせねばならんし、ああいう時にみんな自分を振り返ったんかなあって。でも、なんかピンと来ん。それなら就活したみんなが自分らしさを分かっていることになるけど、自分が何たるかを分かってない人間なんてめちゃくちゃ多いと思うわけ。

あのねー検索したんだよね例の如く検索魔なんで「自分らしさを見つける方法」って(笑)

そしたら、出てくる出てくる…

どんだけみんな自分のこと分からないの…(自分も含め)って思っちゃったよね。サーッと見ただけだからサイトから何か学び取るということはしなかった、考えるきっかけにはなったけど。

自分らしさが無い、見つけられないっていうのは生きづらさを生むと思う、だからみんな「自分探しの旅」という名の現実逃避をしにどっか行くんだな。話それた。

 

はやく今年の目標定めよう〜と思ってたんでいい機会だと思って紙に書き出してみました。自分らしさを見つけるのを今年の目標にしてはどうか、ということで

連想ゲームのような感じで、まず一つテーマを書く。私の場合、「自分の芯=自分らしさ、をつくる」と書いたあとに、その文字から連想する、思いついた言葉をどんどん書いていく、こうしたら自分らしさが分かるんじゃないかってのをどんどん書く例えばファッションのこととかね〜ドンドンドンドコドンドコ…ネタが尽きるのが早い、書く内容がない

 

で、ある考えに辿り着いた

 

自分らしさってのはもともとあるものだと何故か勝手に思っていたけど、実は作り出すものなんじゃないかって

もちろん持って生まれた身体的特徴や基本的な性格が純粋な自分らしさを生んでるとは思うのだけど、私がいま探している自分らしさってそういうのじゃない。なんていうか、なんて言えばいいのか…どう生きたら、どう生活したら、自分が納得するか考えた結果?の生きざまみたいな…?

ええい!難しい!!!

とりあえずね、「実は作り出すものなんじゃないか?」って思ってから

「どんな自分になりたいか?」っていう視点に切り替えてみた。これ、正解だったんじゃないかな。どんどん筆が進んだ。こうなれたら!こうしたいの本当は!という思いをペンに乗せて…ドンドコドンドコ

 

そしたら大体みえてきた、自分がどうしたいかってのが。どうしたいか、何をしていたいか。

 

派生した考えの中に自分にとってこれだけは外せない!ってキーワードあることに気づいて、次にしたことは、大きなカテゴリを作ること。私が書いたのは「健康」「美容」「仕事とお金」「人付き合い」「挑戦について」の5つ。この5つにそれぞれ当てはまる重要なキーワードを散りばめていく。

(例えば「健康」というカテゴリには 朝日、温活、腸内環境、正しい姿勢、などなどのキーワードが並んだ。)

そうして出来上がった一覧は、なりたい自分に近づく手段のまとめのようになりました。

 

f:id:kariari:20170106175523j:image

(恥ずかしいのでボかす)

 

自分らしさを知るっていうのは、偽りのない本当の自分を知るってことで、要は自分がどういう人間でありたいかってのを突き詰めて考える行為なんじゃないかってこれ書きながら思いました。

この考え方が合ってるかは分かんないよ、私が勝手に書いてる事だから。だけど…「自分らしく生きるぞ〜」って思った時、「自分が何をしたいか」という問いから自分らしい生き方が始まるのでは……?という考えに行き着きまして。

 

やばい、考えすぎてなんて書いてるか自分でも分からなくなってしまった!後日読み返して冷静になって帰ってくるので今日は強制終了します!

 また!

広告を非表示にする