読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

終わって始まる繰り返し


f:id:kariari:20170410172833j:image

 

近いうちにアップしますって…書いたけど間空いちゃった。しかも何書くつもりだったのか忘れてしまった、、

 

気忙しいですね、日本中。

毎年のことなのだけど今年は特に、新学期だ新学期だーってテレビで騒がれてる気がして。気のせいかな

 

職場の人には自分の体調のこと少し伝えてるから、「春だし今が一番シンドいんじゃない?」って言ってくれたりしてます。ありがたい。気使ってくれるなら仕事の量減らしてくれ〜って都合良すぎか〜。

自律神経弱い系のみなさん、休み休み行きましょう。

 

 

最近、「ずぼらヨガ」って本を買いました。人気らしいけど知らなかった。立ち読みしてたら目に入ったもの。

イラストレーターの作者の方も自律神経弱い系のようだけど、ヨガを始めたことで調子が良くなったらしく!実体験に基づく説得力のある内容で(と言っても簡単なヨガのポーズが絵で書いてあってユルい)、

ほほゥ、こりゃ良さそうだな!続けられそうだな!と思ってめちゃめちゃ久しぶりに書籍買いました。朝と夜にやってます、ほぼ毎日。ちょっとスッキリするよ。

ヨガやりたいな〜ホントは教室に通いたいんだけどなんと言ってもお金…がね。それに、家で正しくすればそれなりの効果はあるということだし。

 

心と体の距離ってありますよね。「地に足がつかない」とか「気持ちだけが先走る」とかいう感覚は、この距離が離れてる時に起こるものだと思う。

考え事が過ぎると身体が離れていく。周りと合わせて無理ばかりしてると心が離れていく。ふとした事ですぐ離れる。この離れた二つを近付けていく行為の一つとしてヨガがあるんだろうな。

私の経験なんだけど、

初め、心と体が ものすごく離れているうちは、自分の体を使って触れてポーズとったりマッサージしたりしても、なんだかぎこちないことが多くて。効果もあまりないし、「自分のためにやっている」という感覚をイマイチ実感できない。

でも、その感じを無視してずっと続けていくにつれて、自分を大事に思えるようになり、自分を触っている時が心地よくなり(←え、なんか変態っぽい?笑)、マッサージの効果が現れてきたりする。だから、効果が現れる=心と体の距離が近づいた証拠、なんじゃないかなあって最近分かった。

 

 

 

さて、ここ1週間は流れが悪くどんよりした毎日に必死にピリオドを打ちまくってました。

司書資格の説明会行って手続きしてきて、長くてモッサリしてた髪もバサッと切ってきました。

部屋のカーテンも変えたし!(冒頭の写真)

満開の桜も見てきたし!

腕時計も靴も新調して!
お金がすんごい出て行って不安になるけど、「よし」と気が引き締まることが多くなって日々にメリハリが出てきました。毎日毎日何かすることあって疲れてきたけど。

あ〜しっかりしないと〜。

 

明日は…水疱瘡の予防接種行ってきます。水疱瘡かかったことないんです。これは気が重い。

引き続きひとつひとつ、こなしていくしかないね。

それじゃ 寒暖差に気をつけて穏やかに過ごしましょうね〜。ではでは。

 

 

広告を非表示にする