読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

What's new?②

英文の勉強?て言いたくなるタイトルですね

最近どう?の砕けた言い方、ワッツニュー?

本日2度目の更新ですのでフツーの日記は一つ前の記事ですよろしく。

 

さっき記事の最後の方で「趣味に励んでる」と書きましたが、私はたまに趣味に励む自分を責めることがあります。まともに社会生活送ってないのに、金銭的自立もしてないのに趣味なんか持つなコンチクショウ!みたいな。で、そう考えてる人ってもしかしたら自分だけじゃ無いかもなあとTwitterを見て思ったことがある。同じようなことを書いている人がいたから。

でも、そういう書き込みをみて逆に客観的になれて、むしろ私らみたいな奴らこそ趣味を持つべきでは?と考え直した、ある日。

だって趣味でもなけりゃこの世に楽しいことなんか一つもありゃせん、苦痛にまみれてそれこそ死ぬしかない。って状態になってしまう。私らは多分フツーに健康な人より心が敏感な分、芸術方面に理解がある。はず。感覚的な世界に強い。はず。ならばその力を活かさないともったいないよね。てか、体調を崩す前からそうであったはずで、治っていくこれからも、治ったその後も、その能力は変わらないんじゃないかと思う。

Twitterでのフォロワーさんには絵を仕事にしている人が多い。し、仕事までにはしてなくても趣味で描いてたりする人が多い。絵は下手でも音楽なら?マンガなら?映画なら?読書なら?絵画鑑賞なら?アニメなら?文を書くことは?あるいは占いとか?手芸は?ファッションは?絶対どれか好きだよ。

いわゆるサブカルと言われるものについて私たちは心を奪われやすい(もれなく私もサブカルクソ女!)が、そんなのもうドンドン奪われるべきで、ドンドン楽しむべきなのである。

罪悪感に苛まれて一生をなんとか凌いで生きていくより、ある種開き直って楽しみながら生きていく方がよっぽど健康になれるとおもう。

前に、自分が好きなものは自分を救うはずだった(なのに全然救われない)みたいなことを書いたことがあるけど、それはすごくたまーになので、、日常生活において「好きなもの」はちょいちょい凹む自分を救ってくれるものだよね(例えば風呂上がりに好きなアイスを食べるのは最高な時間を作ることになるし、好きな服を着て出かけることはその日1日のテンションを上げることになる)、好きなものはドンドン増やして自分の周りに置いておくといいと思う。ささいな楽しみが長期的に自分を救うことは当たり前のことだよね。

どうしても罪悪感から逃れられないのなら趣味を楽しむ範囲を自分の給料の何%だけ、とかに決めたりすればいいと思ってる。楽しんでる自分を認められないのは不幸なことだと思う、人生に正確な決まり事なんて何一つないのだから、、

そんなに楽しむなと直接的に言われないにしても、もし楽しむことに気が引ける人がいたら私を思い出してほしい。今週も大好きな映画監督のDVDBOXをオークションで落札した私を。。

 

 

去年の秋あたりに主に映画についての趣味アカウントを作ってから、趣味が捗って仕方がない。あと、憧れのフォロワーさんとますます仲良くなれてトキメキ…?( °_° )♡な展開になりつつもある。。これについてはまた機会があれば書きます。

 

いつまでも変わらない自分にイライラするし焦るし、変わらないと言っても見た目はどんどん酷くなっていく(肌の衰えとか、荒れとか…)自分を鏡で見た時なんか、ほんっとに「ギャァアァァアアアア(しにてぇ)」ってなるけど、そんなの私だけじゃないと信じてる。状況は違えど、死にてえ思いしながら今日もなんとか誤魔化して耐えてわずかな希望を抱きながら生きてる人がいるって信じてる。から、なんとかもう、生きてくしかないよね。少なくとも親が死ぬまではさ。もしこれ読んでる人で毎日がしんどい人居たら、こいつ(私のこと)がこんなにブッサイクなのに生きてるなら仕方ない、私も生きよう…とでも思ってがんばってください←どんなだよ!

 

はい、勉強全く進んでないです

ブログ書いたので頑張ります。

ではまた〜。

 

 

広告を非表示にする