ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

ちょっともー聞いてよー


f:id:kariari:20170604174850j:image
 SuchmosのバンドT♡

 

愚痴日記です。今日は。

若干堕ちていました。気持ちと身体の調子が。

今は、ボチボチだけどまだ不安定かな。

 

前記事にもチラッと書いたが調子があまり良くない日が続いていた。だから間隔をあけてしばらく飲んでいなかった抗不安を少しずつ飲んでいた。

 

目が疲れる。肩が凝る。首が凝る。それが、頭痛にくる。そして、吐き気

私にとって「吐き気」は発症当時から重いもので、というか発症してからこの8年余りずっと吐き気と隣り合わせに生きている。つわりかよ。つわりなったことないけど。永遠に続くつわりのようだ。この魔・吐き気が来るとわたしの心はたちまち萎み不安に飲み込まれ、あっという間に痩せていく。「私はもう生きてけない」

一昨日の夜~早朝、謎の吐き気がやってきた

 

 

「休みます」とバイト先に伝えた。ついに…吐き気で休んでしまった。これまで何度も何度も吐き気と闘いながら通勤したのにな。明日が怖いな

 

まあ。だいたい分かる。季節の変わり目だもん。生理の終わりがけだもん。だいたい調子悪かったし、波がいつ来てもおかしくない状態だった。前回こういう状態になったのは昨年の10月だった。なんか、同じ感じだ。でもバイトは行ってた。今年は行けなかった。これまで積み上げてきた自信が0になる

 

昨日は散々えずいた後(戻しはしなかった)、少し休んでいたら吐き気はおさまって3食食べることができた。朝はおかゆ、昼はうどん、夜は普通のご飯。ほっとした。

昨夜は寝るのが怖くて(また吐き気来たらどうしようって不毛な不安)、ベッドに入っても気を紛らわすために読書をしていた。いつの間にか寝てた、朝起きてほっとした。吐き気がない、よかった。「私はまだ生きていける」

 

 

それはそうと、昨日久しぶりに心療内科行ったのだけど(実に5ヶ月ぶり!前回貰った抗不安薬はまだ残っている!)、なんとおじいちゃん先生が引退されて30代くらいのオッサン先生になっていた。

いやまーおかしいと思ったんだ、待合室に置いてある雑誌が今風になっててさ、壁にかけてある写真とか絵とかもきちんとなってて…

「先月から僕が担当してます」って。

なーんかね。

これTwitterでも書いたんだけど、漢方に理解がないというか、信用してない先生なのよね。「草の根っことか野菜のすりつぶしたのとかが身体にどーやって吸収されてどーやって効いてるか分かんない」ってさ

(›´A`‹ )はぁ…

私はずっと、いつか抗不安薬をやめて漢方へシフトチェンジし、体質改善していけたらと思ってきたんだ。それなのに、ここにきてこの先生ってどうなのよ。

って、私言ったのよね。いずれは漢方にしていきたいんです、薬はとにかく依存が怖くてこれまでもイヤイヤ飲んできたんだと。

そしたら「僕が前任してたとこは〇〇病院のうんたらかんたらってとこで患者さんの依存についてうんたらかんたらしてたんですよね、心配なのはいわゆるベンゾジアゼピン系のうんたらかんたらでしょうけれどうんたらかんたら」「漢方でまずは試してみて、それでもやっぱりってことになったら薬の方も考えていきたいと思います」

ってさーもーーめちゃめちゃ早口!聞き取れねーわ!若い!頭の回転速いね先生!って感じだわ

若いから話が通じる感じはあるのだけど、なーーーんかね。納得いかないというか、安心出来ない。初対面で「よろしくお願いします」すら言われてないんだもん。『こんな時は漢方を使ってみよう!』とかいう冊子?まで取り出して漢方選んでんだもん。こいつ、、、、

はぁ。。気が重いや。まあ、これまで5ヶ月も行かなくて済んでるんだから、大丈夫かって思うんだけど(何が)

こいつに薬漬けにされないよう、漢方を毎食後マジメに飲んで、健康的な生活をして、やって来る波を少しでも穏やかに。少しでも上手に波に乗れるように。していこうと思った。

 

やだやだ。暗い記事だ。すみません。こういう負の感情、ここにしか吐き出せない。家族に言っても消化できるようなものでもない。

 

もらったのは前回も飲んだことのある「当帰芍薬散」。女性ホルモンの働きを整えるとたいてい健康になれると言われるほど、女性ホルモンって大きいんだよね。

体冷やさないようにがんばろ。

 

 

今、梅雨(夏)にむけての体調の調え方を調べている最中なんだけど圧倒的に資料不足!!とりあえず健康本読んでます。読み終わったら感想書くね。

じゃ、また〜