ぼろみけブログ

不安障害と自律神経失調症とHSPと・・・自分の人生を生きたい

出来ることを探すしかない


f:id:kariari:20170715155203j:image  

こんにちは〜。こういうくだらない落書きをついついしてしまうぼろみけです

 

最近皆さんのところにスター付けるのを忘れてしまう、未だに慣れてない

読んでるんだけど、読み終ってそっかそっかー…と思いながら即別ページへ行ってしまう。私のスマホがダメなのか、スターの表示がものすごく遅くて記事の方読み終わってもなおページ読み込み中なんだよね。という言い訳。スミマセン、ちゃんと読ませていただいております。

はてな使いづらいなぁ。

 

 

今日も暑さと必死に闘いながら帰ってきたんだけど、「去年もこんな感じだったっけ?」という疑問が出てくる。暑かった記憶はあるけど、汗ダラダラ流しながらバス停で待ってた記憶もあるけど、ここまで死にそうになりながら帰ってた記憶はない。うーん。

で、今日クーラー病について調べてたんだけど、私バイト先で自分の体冷やしすぎなのかも…?と思った。クーラー病って冷房による体の冷えと、室内と外気温の差が激しすぎることが原因で起こるみたいなんだけど…思い当たる節がありまくり。バイト先から外に出て ムアッッッッ!!! とくる暑さに一瞬でダメージ受けてる=気温差にやられてるって考えられるから、バイト先の温度を見直した方が良いかもしれないと思った。仕事中は体動かすから暑くて汗かくんだけど、それが不快で涼しい所で作業していたくて冷房20度設定とか普通にやってて。動いてるからあまり冷えを感じてないんだけど、多分キンキンに冷えてるんだよね…肌とか、たぶんかなり冷たい状態になっちゃってるのかも。あと事務室(兼更衣室)もキンキンに冷えてる、あそこも冷房は23~25度設定。そして外は…35度(もしくはそれ以上)。…10℃の差か…そりゃ死ぬなぁ( ¯−¯   )ってちょっと反省した。あと、汗をクーラーの風で乾かすと自律神経に負荷がかかるらしい。グサッときた。スミマセン自律神経様、、、とにかくクーラーの風は身体に当てないことが基本だそう。私ってばガンガン浴びてるわ。

クーラー病予防&対策では室内と外気温の差が5℃以内である状態にすることを勧められていて、でもあまりに外が暑いとそれも難しいから、室内の温度は「冷えを感じない程度」にするといいらしい。難しいよ!だって動いてるから常に暑いもん!と言いたいところだけど次からは何度が最適かを考え体感しながら設定しようと思う。事務室の温度設定も好き勝手やれるし調節きくはず。去年は何度に設定していたんだろう、全く覚えてないや。

分かんないけど、自律神経死んでる人は自動的にもうクーラー病なのかもしれないなぁ。自室とリビングの冷房はほぼ28度設定なのだけど、ずっと付けてると足の冷えを感じることもあるし←いつの間にか一年中冷え性になってしまった :( 

とにかく、体のどこも冷やさないこと!これを意識していこうと思います。

あとねーなんだっけ交代入浴だっけ?暑い湯船と冷たい湯船に交互に浸かることで疲労回復が見込める健康法があるんだけどね。これで自律神経の乱れも整えられるらしくって、でも普通湯船って二つもないじゃん?だから湯船とシャワーでやっても、あるいは手足だけ部分的に交代入浴しても効果があるらしいんだって!だから今日からちょっと試してみようと思ってる。 

 

なんかもうこんなに大変な思いするんだったら1歩も外に出たくない。とか思うけど、それはそれで体がなまって怠くなるし生活のリズムが取れなくなるんだよね〜。自分のパソコンで終始する仕事だとどんなに良いだろうと何度も考えている。実際この間取材されてたフリーランスやってる人、毎日家にいたり遊びに行ってるだけだったもんなぁ、、心底羨ましい。お前ら健康なくせになに楽しやがってんだぃ←あてつけ笑

 

さてさて〜眠くなってきました、毎度の事ながら。労働(笑)を終え、ご飯を食べ、涼しい所で文字なんか書いてるとホッとするのか気がゆるんで眠気が一気に来てしまう

でも今日は頑張って〜レポート作成のための資料読みをしよう。とりあえず目を休ませてから←絶対寝るつもりだぞコイツ!

 

皆さんもクーラー病とか熱中症とか気をつけて、穏やかに過ごしましょうね〜ではでは。

 

(とここまで書いてほぼ1時間近く寝ていました…)